海外ドラマで英語学習「CHICAGO・MED」(シカゴ・メッド)シーズン2(15)喪失

フレーズ①

病院の責任者がコナーに、これから運ばれてくる患者のことを話しています。

Should be DOA.
DOAの患者だけど。

DOAは、Dead on arrivalを省略したものです。
到着時にすでに亡くなっているという意味です。

この場合、患者は高層階から落ちたので、助かる確率が極めて少ないため、この言葉が使われているようです。


フレーズ②

エイプリルが待合室で長時間待っている患者が気になって

Do you mind if I take a look?
見てもいい?

患者は

Sure.
もちろん

と答えています。


フレーズ③

コナーの携帯電話にマスコミから電話がかかってきたので

How did you get this number?
どこで番号を?


フレーズ④

病院の責任者がコナーに

Maybe it’s time to stop.
そろそろ引き際ね。


U-NEXTなら31日無料トライアル


シカゴ・メッド シーズン2 DVD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です