【デンマーク編】写真で世界旅行気分♪

コロナ渦にあり、なかなか海外旅行はできません。
日本にいながらでも、海外旅行をした気分になれるような記事です。
写真をたくさん使っているので、眺めながら旅行気分を味わってみてください。


DENMARK デンマーク 基本情報

首都:コペンハーゲン
人口:5,822,763人
人口密度:126/㎢
面積:43,094㎢
通貨:デンマーク・クローネ
公用語:デンマーク語


人口の多い都市

1)Copenhagen (コペンハーゲン)

  • 北欧最大の都市
  • デンマークの人口の5分の1が住む
  • カラフルな建物が運河に沿って立ち並ぶニューハウン
  • ウォルドディズニーも訪れた世界最古のチボリ公園
  • 「世界一美しい美術館」と言われるルイジアナ近代美術館

2)Aarhus (オーフス)

  • コペンハーゲンの5分の1の人口
  • 2017年に「※欧州文化首都」に選ばれた
  • デンマークで一番大きな教会、オーフス大聖堂がある

関連情報:海や旅人の守護神に捧げられた教会!オーフス大聖堂

アンデルセンの童話「人魚姫」をモチーフにしたブロンズ像

3)Odense (オーデンセ)

童話作家アンデルセンの生誕地
  • フュン野外博物館
  • レインボー色の展望台があるアロス・オーフス美術館
オーデンセにある美容室

4)Esbjerg (エスビャール)

白人男性の記念碑

全長9メートルもある白人男性の記念碑がエスビャールの浜辺にあります。彫刻は、スヴェン ・ ウィグ ・ ハンセンによって設計されました。

世界的な建築家ヨーン・ウッツオン※がデザインしたコンサートホールもある。
彼はシドニーのオペラハウスを設計したことで有名。


5)Roskilde (ロスキレ)

  • 世界遺産ロスキレ大聖堂がある
  • 歴代のデンマーク王が眠っている聖堂
  • ロスキレフェスティバルの開催地

欧州文化都市首都(European Capital of Culture)

EUに加盟している国の中から、毎年2都市を選ぶ制度。
1年を通してその都市で、様々な文化行事が行われます。

ギリシャの文化大臣が文化の相互理解を目的に、1985年に開始したもの
現在では世界100か国を含むグローバルな取り組みに発展(日本を含む)

開催国は欧州委員会によって2033年まで決められています。
2021年からは3年に1度のイベントに変更。

開催決定
2021年 ノヴィ・サド(セルビア)
2024年 ボーダ(ノルウェー)

参考:EUジャパンフェスト・日本委員会


世界的な建築家ヨーン・ウッツォン

デンマーク・コペンハーゲン出身の建築家

  • 1957年シドニーのオペラハウスの建築設計競技
  • 233個のデザイン案の中から選ばれた
  • 実はこの案、簡単なスケッチだった
  • 応募条件を満たしていないとして、1次審査で落とされた
  • しかし、遅れてきた審査員が拾い上げる
  • 結果的に採用された

引退後はスペインで暮らしていましたが、2008年に亡くなられています。

参考:シドニー・オペラハウスを見る

参考:Wikipedia ヨーン・ウツソン


まとめ

たくさんの写真を使って、デンマークに旅行した気分になれるような記事にしてみました。もちろん、実際に旅ができたら一番なのですが、現状で楽しめる方法として、ぜひこの記事を活用してください。

バレットジャーナルのテーマとして、毎月1か国選んでいます。2021年1月は「デンマーク」ということで、今回の「写真で世界旅行気分♪」もデンマークがテーマです。毎月、国を変えていくので、次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です