【まとめ】買って良かったお勧めの文房具/使用例もお見せします!

文房具が大好きな私は、気が付くとデスクのまわりや引き出しがペンだらけになっています。最近、自分が持っているペンの見直しのためにも、色見本を作ったり、使用例を見返したりしました。

この記事は、販売されているペンの種類が多すぎて買う時に迷う人や、同じようなペンを持っているけど使い道があまり分からないという人に役立つ情報です。


CliKART クリッカート

お勧めポイント

  • ノック式でキャップがないから便利
  • モイストキープインクで、空気中の水分を吸収→乾かない
  • 重ね塗りできる

全部で36色。前から欲しかったクリッカートのペンセットを、アマゾンプライムセールでお得に購入することができました。

発色がとてもキレイで、使いやすいペンです。



マスキングテープブック

お勧めポイント

  • 1冊で5種類×2枚
  • 好きな大きさに切って使える
  • 可愛い形に切れるテンプレート付き

6月のリフレクションに使ってみました。このマスキングテープブックを使うと、ページ全体をまとまった雰囲気に仕上げることができます。



MILDLINER マイルドライナー

お勧めポイント

  • 目に優しい淡い色合い
  • 太・細の両用マーカー
  • 勉強や、イラストなどいろいろ使える

マイルドライナーの「マイルドゴールド」は特にお気に入りです。レモンの色にぴったりだなと思って、この日の日記でイラストを描くのに使いました。



筆 touch サインペン

お勧めポイント

  • しなやかなペン先で筆のように書ける
  • 強弱がつけやすい
  • 文字を書くにもイラストを描くのにも使える

読書ノートに読んだ本の内容や感想を書くのに使っています。筆ペンで書いたときの、少し味のある文字が気に入っています。



MUJI ゲルインキボールペン 0.5mm

お勧めポイント

  • ノック式で使いやすい
  • 16色展開
  • 1本90円(替え芯は60円)

クリーンカラードット

お勧めポイント

  • 力の入れ具合で1mmから5mmのドットが描ける
  • 線を引くことも可能
  • 淡い色なので重ねて色のミックスを楽しめる

クリーンカラードット メタリック

お勧めポイント

  • ドット芯と、1.0mmの細書きのツインタイプマーカー
  • 黒い紙に書いてもしっかり見える

クリスマス前に買ったので、このペンを使ってクリスマスツリーやリースを描きました。とても簡単に描けて、ツリーらしく仕上がりました。


ステッドラー ファインライナー 60色

お勧めポイント

  • 0.3mmの細さで細かい文字が書きやすい
  • 豊富な色展開
  • 人間工学に基づく三角軸で疲れにくい

ペンが増えてくると、自分がどんな色のペンを持っているのか分からなくなってきます。実際に書いてみると思った色と違ったということを防ぐためにも、ノートに色見本を作っておくと便利です。


トンボ デュアルブラッシュペン ABT

お勧めポイント

  • 筆ペンと細いペンのツインマーカー
  • 色を混ぜて使える
  • レタリングに最適

月や曜日などを書く際に、強弱をつけて書くことができるのでレタリングに最適です。簡単なイラストを描くのも塗るのも筆ペンなのでササッと素敵に仕上がります。



カラーブラッシュペン 3本セット

セリアで購入した3本セットのブラッシュペンです。トンボの筆ペンよりも筆先が少し頼りない感じですが、100円で3本入っているのでお得です。


ノートブックセラピーのジャーナル

160GSMで紙が厚いので、上記で紹介したようなペンなら、裏写りすることが全くありません。このノートに出会うまでは、様々なノートを試してきました。ほとんどのノートは、紙が薄くて裏写りするのが気になっていました。


詳しくはこちら
お買い物が10%オフになるお得なクーポンもあります



まとめ

 お勧めの文房具をご紹介しました。文房具はどんどん新しいものが発売されるので、お店で見てもどれを買ったら良いか迷うことがあるかもしれません。この記事が文房具選びで少しでも参考になったら幸いです。


関連動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です