海外ドラマで英語学習「フレンズ」シーズン1 (1)マンハッタンの6人

ニューヨークを舞台にした男女6人の友情や愛情、日常を描いたドラマ。
英会話で使える表現がたくさん出てくるので、英語学習に最適です!
全部で10シーズンで、1話ごとにフレーズをご紹介していきます。
たくさんの単語や熟語、言い回しなどを学んでいきましょう。

登場人物

  • Ross (ロス) 

妻がレズビアンだと自覚し、最近離婚したばかり。
考古学者で、使う単語や話し方が独特。

  • Monica (モニカ) 

ロスの妹で、レストラン勤務。
神経質で、皆によくからかわれます。

  • Phoebe (フィビー) 

シンガーソングライターだったり、マッサージ師だったり。
ちょっと不思議な女性。
実は双子の妹がいる。

  • Chandler (チャンドラー)

モニカとフィビーの向いに住んでいる男性。
常にギャグを言っている。

  • Joey (ジョーイ)

チャンドラーの同居人。根っからの女好き。
自称、俳優ながら、なかなか売れない。

  • Rachel (レイチェル)

婚約者を結婚式で置いて逃げ出した花嫁。
今まで働いたことがないお嬢様。モニカとは高校の同級生。

フレーズ①

みんなはいつもCentral Park というカフェに集まって、
おしゃべりを楽しんでいます。

モニカが、デート相手について皆から聞かれて

There’s nothing to tell. 
「何も言うことなんてないわ。」

  • There is の省略形で、「~がいる、ある」という意味
  • nothing 「何もない」
  • to tell 「伝えることが」
  • There’s nothing to +動詞の原形 で覚えましょう

使ってみよう!

There’s nothing to do. 
「何もすることがないわ。」

フレーズ②

結婚式で逃げ出した理由を親に説明しているレイチェル。
結婚に愛は関係ないと親に言われて

It matters to me! 
「私にとって重要なことよ!」

  • この場合のIt は愛のこと
  • matter 「関係がある」という動詞
  • to 人 「~にとって」
  • 直訳すると、私にとって関係がある=重要なこと

フレーズ③

仕事を見つけると言いながら、
親のクレジットカードで買い物をしていたレイチェル。
初めて独り立ちをするのは簡単じゃないってわかるよ。
とフィビーが言った言葉。

I know exactly how you feel. 
「あなたの気持ちがよくわかるよ。」

  • exactly 「正確に」という副詞
  • how you feel 「あなたがどう感じるか」

この表現は会話でとても役に立つのでこのまま覚えましょう!
失恋をした友人を励ます。
相手に同意するなどいろいろな場面で使えます。

“海外ドラマで英語学習「フレンズ」シーズン1 (1)マンハッタンの6人” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です