【8月の振り返り】1日1漢字を使って1か月を振り返る方法

以前、ご紹介した Kanji a day (1日1漢字)で8月の振り返りをしました。いつもは毎日書いている日記を見返しながら、1か月の振り返りをしていました。今回は、日記+Kanji a day で1か月を振り返っていきます。



1)映画

ダ・ヴィンチコード」をDVDで観た日。この映画の公開時、映画館で観たけど、内容がしっかり理解できなかった作品。時がたち、もう1度観てみて、やっと理解できました!3時間ほどの映画があっという間に感じられるほど、のめりこんで楽しめました。


2)喫茶店

カフェに行きたくて、Google検索♪近所に素敵なカフェを見つけたので行ってみました。モーニングセットを注文。ワンコインで、トースト、ゆで卵、たっぷりサラダ、ホットコーヒーがついて大満足でした。


3)挑戦

ZOOMで初めて会を企画して開催した日。ZOOMでのセミナーなどは、いつも参加する側だったけど、今回は自分が開催する側に挑戦しました。参加するときは気楽だったけど、開催する側になると準備もしないといけなかったり、これまで気づかなかったことに気づけました。新しい挑戦はこれからも続けていきたい。


4)英語


英語での発信を始めた日。instagramのストーリーズで、英語の名言とその日本語訳を配信することにしました。毎朝、名言を選んで読むことで1日の気持ちの良いスタートが切れています。


5)会話

在宅勤務で家族以外の人と会話することなく1日を終えることが多い。いろいろな人との会話をしようと意識し始めた日。人との会話の中から生まれるものがあったり、自分一人では気づかなかったことに気づいたりする。


6)美容院

久しぶりの美容院。1か月に1度行けたら理想的だけど、いつも先伸ばしにしてしまう。美容院に行って、髪の毛を切ってもらうと気分がスッキリする。


7)仕事

なるべく仕事は平日にするけれど、海外ドラマの翻訳の仕事だったので、楽しみながら仕事した日。海外ドラマの翻訳をするのは、小さい頃からの夢だったので、モチベーション高く取り組めました。



8)新月

新月の日は目標を立てたり、新しいことを始めたりすると良いと言われている。この日は Wish List を新しく書いた。


9)お菓子

甘いものが食べたくて、りんごと冷凍パイシートでアップルパイを作った。娘と一緒に作って、簡単にできたのにおいしくて、また作ろうねと約束した。


10)翻訳

翻訳の仕事の難しさとやりがいについて考えた日。ビジネス文書、ウェブサイト、海外ドラマなど、幅広い翻訳を依頼される。翻訳は生涯、学びの必要な仕事だと改めて思った。もっと学んで、もっと質の良い翻訳を提供していきたい。


11)睡眠

睡眠不足だと、翌日何をしていても集中できず、ボーっとしてしまう。寝る時間は遅くなくても、夜中に目が覚めると質の良い睡眠がとれたとは言えない。適度な時間に布団に入り、質の良い睡眠がとれるように寝室を改善!


12)旅行

かなり前から旅行したい気持がずっとある。でも今の状況では、旅行に行くことは難しい。代わりに、本やバレットジャーナルで旅行気分を味わっている。


13)飲み物

固定観念というものは、飲み物にも表れる。ルイボスティーが好きで、毎日飲んでいたけど、ある動画でルイボスティーにハチミツを入れるとおいしいと見た。試してみたら、とてもおいしくて驚いた。これはこう飲むべきものという固定観念をなくしたら、もっと飲み物が楽しめるかも。


14)性格

16 Personalityies という性格判断テストをした。学生の頃に、こういったテストはよくしたけど、大人になってからは久しぶり。100問ほどの質問に答えていくので、結構詳しい結果が出たと思う。読んでみて、自分に当てはまると思う部分も多くて、これで知った強みと弱みを生かしていこうと思う。


15)変化

バレットジャーナルを始めてから、デコレーション用にシールをたくさん買って集めていた。でもシールの量に圧倒されて、選ぶのが疲れるほどになったと感じた。新しいシールは増やさず、今持っているものでデコレーションを楽しもうと決めたちょっとした気持ちの変化。


16)買い物

週に1度の食料品の買い物の日。その前に、いつも立ち寄るのは本屋。新刊をチェックしたり、古本で読みたいものを探したりする楽しい時間。読みたい本が見つかったら、メルカリもチェック。本の状態が良くて手頃な価格で販売されていたらその場でメルカリで購入する。


17 )動画

「表現する」ということについて考えた。私は文章で表現することが一番自分を表現できると思う。Youtube 動画を投稿し始めて、動画撮影や編集の難しさを知った。私にとって、映像での表現は難しいと感じる。でも、挑戦していきたい。


18)絵画

MoMaで働いていたことがあるという原田マハさんという作家を勧められ、「楽園のカンヴァス」を読んだ。厚めの本だけど、とても面白くてすぐに読み終えた。絵画好きなら絶対に楽しめる1冊。お勧めしてもらって良かった。


19)外食

なかなか外食には行けないけれど、だからこそたまの外食は大切な時間。おいしいものを食べたり、素敵な盛り付けを見たりすると、また家での料理も頑張ろうと思える。


20)割引

愛用しているバレットジャーナルのノート、ノートブックセラピーのクーポンが好評で、多くの人が使ってジャーナルを注文している。もう1つ好きなブランド、アーチャー&オリーブのクーポンもあればいいなと思い申請していた。この日、申請が通って、クーポンコードをもらった。バレットジャーナル用のノートが欲しい人が、好みに合わせて買うことができるといいな。


21)六分

話題の「6ミニッツダイアリー」という本を読んだ。毎日、日記を書いているけど、1度見直すきっかけになると思った。朝に3分、夜に3分でできるから「6ミニッツ」。これなら忙しい人でも毎日続けられると思う。私は朝の「今日1日の目標」と夜の「今日嬉しかったこと」を毎日の日記に取り入れていくことにした。


22)満月

満月の日は、「振り返り」「手放す」「感謝」するのが良いと言われる。毎月振り返りはしているけれど、満月の日にも新月からの毎日を振り返ってみた。手放すことを意識して過ごすと、モノや考えに必要以上に固執しなくなることに気づいた。


23)紅茶

月の始めに訪れたカフェにもう1度行った。前回はモーニングセットとコーヒーを注文した。今回は紅茶とケーキ。カフェでおいしいものを飲んだり食べたりしながらジャーナルの時間をとった。1時間ぐらいでも、長い休暇をとったようにリラックスできた。


24)冒険

大学生の時に、運転免許を取得してからしばらくはペーパードライバーだった。卒業後、田舎に住むようになり、車が必需品に。普通の道路でも運転するのが怖かったのに、それから都会の混雑した道、田舎の山道も走れるようになった。この日は、急斜面の山道を車で走って冒険した。こんな素敵な景色が見られるならコンフォート・ゾーンから抜け出して冒険するのも悪くない。


25)上手

私がバレットジャーナルを始めてから、娘も自分の分を作るようになった。たまに、私に作ってほしいと言うので、9月分は作成した。上手にできて娘も私も満足。娘は水筆で習字の練習。墨汁を使って書くのは汚さないかと気になってしまうけど、水筆なら安心してまかせられる。


まとめ

8月25日までの振り返りを、1日1漢字でしてみました。いつも日記だけでする振り返りよりも、1日1日をじっくり振り返ることができたと感じます。毎日1つの漢字を書いておくだけで、簡単に振り返りができるので、毎日日記を書く時間がないという人にもお勧めです。来月も1日1漢字を続けていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です