【10月】バレットジャーナルのセットアップ/世界旅行編(オランダ)

10月のテーマは「オランダ」です。オランダと言えば、風車やチューリップを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?そのイメージでカバーページを作成しました。

左のページは、いつも名言を書いています。チューリップのイラストを描くと決めてから、名言を検索していて見つけたのがこちらです。

Don’t just live, bloom.
ただ生きるのではなく、花を咲かせよう。


この記事を読んでいる間、ピアノ音楽を聴いてみてはいかがですか?

右のページはオランダの地図をザクッと描いたのと、風車のシールを貼りました。どちらのページもシンプルで、優しい感じに仕上がりました。


マンスリーページ

マンスリーページはABTのベージュを使って線を書いています。まわりのシールはAliexpressで購入したものです。


ウィークリー 1週目

芸術の秋を表現したくて、またまたAliexpressで購入したゴッホの名画シールを使いました。1週目は3日しかないので、大きめのシールを貼ることができます。空いたスペースに、ゴッホの名言ものせています。

Great things are done by a series of small things brought together.
偉大なことは、小さなことの積み重ねで成し遂げられるのだ。



ウィークリー 2週目

一番シンプルで使いやすくて、作成しやすいウィークリーのレイアウトです。日付は100円ショップの丸シール、曜日はその横に書き込みました。毎日の予定だけでなく、細々としたタスクも書き込むので、これぐらいのスペースが私にはちょうど良いです。


ウィークリー 3週目

オランダの木靴を描いてみました。このレイアウトは、左上のところに、ちょっとしたイラストを描いたり、シールを貼ったりするだけなので簡単♪

面倒でなければ、イラストの下にミニカレンダーを描くと、それだけで一気に可愛くなるし、手帳らしさが出ます。


ウィークリー 4週目

レイアウトは同じで、今度はオランダのゴーダチーズを描きました。左上だけでなく、日付の横にも、ちょこっとイラストを添えています。イラストが苦手だけど、描きたい人は(私もそう!)なるべく小さめに描くと、なんとかごまかせるので、やってみてくださいね。


ウィークリー 5週目

ウィークリー最終週はチューリップの登場。ダイソーで見つけたチューリップのマスキングテープを柄ごとに切り分けて貼っています。チューリップをテーマにして、春のジャーナル作成にも良さそうですね。


感謝日記とカラーパレット

毎日1行ずつ感謝することを書き込む「感謝日記」のページと、その月に使ったペンの番号や色を書き留めておく「カラーパレット」のページです。



まとめ

10月のバレットジャーナルをご紹介しました。世界旅行をテーマにしたバレットジャーナル作成もあと2ヶ月で終わりです。来年からは、毎月ランダムにテーマを決めて作成する予定なので、もっと皆さんの参考になるものがご紹介できると思います。


関連記事

バレットジャーナルを始めるなら、このノートがお勧め!
私のサイトで一番アクセス数の多い記事です。
10%オフになるクーポンコードもあります。


もっと簡単にバレットジャーナルを作成したい!という方には
こちらの記事がお勧めです。


バレットジャーナルを基礎から知りたい!


お勧めプレイリスト

この記事の最初にご紹介したプレイリストが気に入った方は、
ぜひ他のプレイリストも聴いてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です