【11月】バレットジャーナル11月のテーマは「Australia(オーストラリア)」

世界旅行をテーマに作成している2021年のバレットジャーナル。
11月の国は「オーストラリア」にしました。

オーストラリアは大学生の時に、留学していた思い出の国。
好きがたくさんつまったセットアップになったので使うのが楽しみです。

文字より動画で観たい!という方にはこちらの動画↓


マンスリーページ

大学の授業で、オーストラリアの先住民であるアボリジニーについて学びました。彼らの描く絵を初めて見たとき、とても感動しました。点や線でシンプルに描かれたものだけど、出来上がった作品は心に訴えるものがあります。


Weekly #1

ウィークリー1週目は、西オーストラリア州にあるマーガレット・リバーです。サーファーに人気の地、そしてワインの名産地でもあります。私の留学先は西オーストラリア州のパースだったので、留学中にマーガレット・リバーを訪れました。自然を楽しみながらその地で作られたワインを飲んだ体験は最高でした。その時を思い出しながら、簡単な水彩画を描きました。

決して上手な絵とは言えないけれど、自分では気に入っています。バレットジャーナルに使用しているジャーナルは、こんなふうに水彩画を楽しんでも、裏写りしないのがとっても魅力!


Weekly #2

オーストラリアに住んでいたのに、訪れなかった有名な場所「エアーズ・ロック」。通称、「ウルル」と呼ばれます。ウルルと空を描きたくて、水彩画で描いたら、なんだか子供の絵みたいになってしまいました。

それでもやっぱり、自分で描いた絵だから好きです。

水彩画で全体を塗っても、毎日の予定やタスクなどは書き込むことができるので、11月に一度使ってみます。


Weekely #3

オーストラリアと言えば、カンガルーを思い浮かべる人も多いですよね。実際、オーストラリアでたくさんのカンガルーに出会いました。日本では、シカやサル、タヌキなどの飛びだし注意の看板を見たことがあると思います。オーストラリアでは、カンガルーの飛び出し注意の看板があります。

このウィークリーはいつものスタイルだけど、点線と丸をアボリジニーのアートのように描きました。


Weekly #4

カンガルー以外にも、オーストラリアと言えば、コアラもありますね!動物園で見かけたコアラは、木の上で寝てばかり。その姿はとても可愛くて、なんとか可愛いコアラを描いてみました。

ちょっとしたイラストの下に、ミニカレンダーを書くだけで、一気に手帳らしさがでます。


Weekly #4 とカラーパレット

最後の週は2日だけ。オーストラリアのメルボルンにあるブライトンビーチにあるビーチハウスを描いてみました。カラフルな建物が並んでいて、砂浜と青空によく映えます。

右側のページは、いつものカラ―パレット。アボリジニーのアートなどは、メタリックカラードットを使用しています。


ブログアイデア

ブログのアイデアを思いついたら書き留められるように、ブログアイデアのページを作成しました。オーストラリアの紙幣は、薄いプラスチックシートに印刷されているので、水に濡れても破れません。

「ビーチが大好きなオーストラリア人が、服に紙幣を入れたままでも大丈夫なように」とオーストラリアの友人は教えてくれましたが、本当でしょうか?

製造コストはかかりますが、よくある紙幣に比べて3~5年は長持ちするらしいので、とってもいい考えだなーと思います。


感謝ログのページ

忘れてはならない感謝ログのページ。バレットジャーナルをはじめてから1年以上たちますが、感謝ログのページが一番大事なんじゃないかと思うぐらい、私の心を育ててくれたページです。

毎日感謝することを最低1つは書くページです。これを書くようになってから、人や物事の良い面に気づきやすくなったのを感じています。起こる出来事は自分で変えられないけど、それに対する反応や感情、気持ちは自分で変えられる。そう信じられるようにもなりました。

バレットジャーナル全部を作成するのは、やっぱり時間もかかるし大変かもしれません。まだバレットジャーナルを作成したことがない人も、すでに作成しているけど感謝ログのページは作っていない人も、「感謝ログ」のページは絶対に作ってほしいです!


まとめ

11月のバレットジャーナルのテーマは「オーストラリア」でした。世界旅行をテーマにした2021年バレットジャーナルも残り1か月。12月はクリスマスもあるし、作成するのがいつも以上に楽しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です