【レビュー】暮らしを見直したいと思ったら読むべき本!シンプルでも「心ゆたか」に暮らす100のルール

シンプルでも「心ゆたか」に暮らす100のルール

シンプルで心ゆたかな暮らしは、
あるがままの自分に満足しているから。

本のはじめにあった、この言葉が心に響きました。

自分に自信がないから、持っているもので自分を良くみせようとする。自分の軸や基準がハッキリしていないから、かわいい!と、ムダ買いしてしまう。

不要なものや、不要なことを手放したいと思っていた私にピッタリの本でした。この本を読みながらたくさんの箇所にふせんを貼り、ノートにまとめたほど、お伝えしたいことがたくさんあります。今回は5つのトピックにまとめて、本の内容を少しご紹介します。


「あってもいい」ものは「なくてもいい」もの

買い物に行くと、これあると便利そう!と思ったり、何かに使えるだろうと家にある不用品を処分できなかったりします。まさに「あってもいい」ものだけど、なくても困っていないし、きっと使うことがなかったりするもの。

この本でもあるように、2シーズン着なかった服は手放すことにしています。ライフスタイルが変わったり、好みが変わったり、これまで着ていたのに着なくなることがあります。それを、いつかまた着るかもと思って置いておくと、タンスの中は不要な服だらけ。何を着ようかと迷ってしまう原因にもなります。

2シーズン着なかった服は、フリマアプリのメルカリに出品します。期日を決めてそれまでに売れなかったら、「ブランディア」(下記リンク参照)という買い取りサイトに送っています。


自己投資にお金を使う

お金は、自分が社会に役立つことで得た報酬です。お役に立てた感謝を込めて、「ありがとう」「いってらっしゃい」と気持ちよく送り出します。

無駄なものを買ってしまう浪費はダメですが、学びのために使うお金は惜しみなく使います。自己投資とも言いますね。学びのため、自己投資のために使ったお金で能力が高くなれば、仕事の報酬があがる。その循環はとても気持ちがいいものです。

何かを学びたいと思ったら、私が一番おススメするのは「英語」。英語力があれば、世界は広がります。人生観も考え方も大きく変わります。私は英語の力をつけたおかげで、courseraというサイトで学ぶことができています。このサイトでは、海外の大学の講座(日本の大学の講座も少しある)を無料で受講することができます。




自分と向き合うこと

受身ではなく主体的に自分と向き合うと、
自分らしさの輪郭が見えてくる。

自分は何が好きか、何が嫌いか。どんな仕事をしたいのか、どこに住みたいのか。自分について実はあまり知らないという人が多くいます。私もそうでした。

毎日、自分と向き合う時間を意識してとるようになったことで、「自分」とはどんな人なのか、だいぶ分かってきたと思います。「自分」や「自分らしさ」って誰かが答えをくれるわけじゃない。急に「これだ!」とひらめくものでもない。いろんな人に出会ったり、いろんな経験をしたりする中で、自分がどう感じるのか、どう思うのかの積み重ねなんだと思います。

自分が分からない、「自分らしさ」が分からないと思ったら、答えは自分の中にあります。忙しくても自分と向き合う時間をとってみるといいですね。


よいことに焦点を当てる

変化に強い人は、よくないことより、よいことに焦点を当てる

転職や引っ越し、結婚、出産、離婚など、人生には大きな変化もあれば、毎日のルーティンを少し変えるというような小さな変化もあります。

どんな人生にも、自分が望むか望まないかに関わらず、必ず変化を迫られることがあります。分からない将来を不安に思うこともあるでしょう。不安な気持ちを抑え込むのではなく、その気持ちがあっても、よいこと、良い面を見ようとする、見方や考え方ができると、人生はもう少し楽に生きていけるのではないかと思います。

未来が決まっていることより、
決まっていないことのほうが「可能性がある」ととらえています。

私の考え方やものの見方を大きく変えた本↓



1日の中で一番好きな時間は?

一見、ムダだと思う時間が心を癒してくれる。

Amebaで私が毎日読んでいるブロガーさんが子供からの素朴な疑問を真剣に考えてみたという記事を書いていました。

1日の中でママが一番好きな時間って何?

いい質問だなと思ったので、私も考えてみました。真っ先に思い浮かんだのは、

1日の終わりに好きな音楽を聴きながら
バレットジャーナルを開いている時間


私の娘にも同じ質問をしてみたら、答えは

何もせずのんびりしている時間

この質問への答えは、人によって異なります。自分が思う一番の時間は、他人から見たら無駄な時間だと思われるかもしれません。でも、それでいい。自分が何をしている時間が一番好きなのか考えてみることで、つらいことも大変なことも乗り越えられる癒しを与えてくれると思います。


まとめ

暮らしを見直したい。余計なものを手放して、スッキリとした家で暮らしたい。そう思っているときに本屋で見つけたこの本。読みながら、自分の今の暮らしについてたくさん考えることができました。これから実際に行動に移していこうと思います。シンプルに心豊かに暮らしたいと思う人は、この本をぜひ読んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です